So-net無料ブログ作成
検索選択

トレーラーヘッドを買取してもらおう。 [トレーラーヘッド買取]

 
 
 
 
私は、冬の海が大好きだ。
特に夜、寒空の下、橋や船の灯りを見ているとワクワクしてくる。
また海まで行く道中にも楽しみがある。
カモメやトラックの姿が目に付くものだ。
トラックは、停泊している貨物船へと運びこむためのコンテナを、トレーラーヘッドで牽引しているのである。異国情緒を感じられる身近な場所でもある。

ところで、一口にトレーラーヘッドと言っても、多種多様だ。

見ているだけでも、とても楽しいし、やはり乗っていて楽しいと感じる事も多かった。
しかし手放すことを決意せざるを得ないような瞬間が、唐突におとずれたりもする。
私はトレーラーヘッドを買取してもらおうと思う。
良い意味で驚きの査定額だった。愛着あるトレーラーヘッドの門出に、心も懐もほんのりと温かくなりそうだ。
<参考リンク>トレーラーヘッド買取

ボルボ FH.jpg

そこでトレーラーヘッドを買取してもらう場合に備えて、ポイントを記録しておく。

トレーラーヘッドを買取してもらう際に大切なポイントは2つだ。
1:海外と国内のどちらでより需要がある車種なのかを知る事
2:適切な市場価格をもとに判断してくれる業者に買取してもらう事
これさえ守れば、満足のいく結果を得られると思う。
それぞれを、少し詳しく書いてみる。


1:海外と国内のどちらでより需要がある車種なのかを知る事

・海外での需要
トレーラーヘッドは、端的に言えば物を運ぶ時に使う。物を運ぶ機会が増加傾向にある国、発展していく中で多くの物の流れが必要になってきている国では、まさにこれから、トレーラーヘッドの需要がますます増していく。
満足して物を運べるトレーラーヘッドであれば、多少の年代物でも構わない。
そう判断し、質よりも価格を重視し、安価で大量に購入できることを目的として、入手を図っている国もある。具体的には、アジア市場での需要が著しい。フィリピンなどが好例だ。
もし、手持ちのトレーラーヘッドが年代物であるとしても、廃棄処分するよりも活躍の余地が残っている。

・国内での需要
2011年の1月から、特に買取額が増加したトレーラーヘッドがある。
シングルヘッドの車両(特に第5輪荷重11.5トン)だ。
国交省の車限令により新車購入ができなくなった種類のトレーラーヘッドだが、燃料価格が高騰しているため、経済面と燃費の利点が魅力となり、根強い支持を受けているのだ。
購入したいという人が多い。
 
買取してもらうならば、今が好機である。
 
トレーラーヘッドの国内市場における価格は、一年ごとに大きく変化する。
勿論需要や価値の低下の可能性もある。その上、トレーラーヘッドの国内需要は、新しいもの方が高い
法規制や使いやすさに焦点を置き、用途に応じて購入を検討する人が多いからだろう。
この点も考慮すると、手元に残し古い年式のものを持ち続ける利点よりも、需要により高い査定額が期待できる今こそ、トレーラーヘッドを買取してもらう絶好のチャンスだと言える。

買取してもらおうと考えているトレーラーヘッドが、どちらでより需要があるのか知る事で、買取時の値段が適切な価格なのか判断できるようになる。
海外国内を問わず、より最適な市場にトレーラーヘッドを販売してくれる業者であれば、決して安く買いたたく事は無いはずだ。傷がついていたり、年代ものだったり、といった理由だけでさじを投げるのではなく、しっかりと状態を見てくれる業者が望ましい。


2:適切な市場価格をもとに判断してくれる業者に買取してもらう事

国内で人気があるトレーラーヘッドがシングルヘッドだと先ほど記した。
しかし金額や需要は、流動的なものである。
そのため、適宜国内におけるオークション価格を理解し、適切に反映している業者でなければ、買取してもらってもこちらが損をする可能性が高い。
同様に、海外市場の需要を的確に把握し、市場の発展を予測している業者ならば、長年使用した愛着あるトレーラーヘッドの買取も安心して任せられる。

トレーラーヘッドの買取の流れを書いておく。
①査定に申し込む。
②査定してもらう。
→形状がトレーラーヘッドであることや年式を伝えた後、傷の有無などの状態を詳細に説明すると良い。
③査定額で買取してもらうか判断する。
満足したら、買取してもらう。

数あるトラック買取業者の中で、トレーラーヘッドに理解がある業者に買取をしてもらうことが望ましい。


国内でも異国の気配を感じさせていたトレーラーヘッドが、単身海外で新たな活躍をする姿を想像するのは楽しい。
新たな仕事先を国内に見つけたトレーラーヘッドが、再び海のそばに戻ってきた姿を目にするのも、穏やかな気持ちになる。
様々な場で需要が多いトレーラーヘッドを、高い評価と査定額で買取してもらい、トレーラーヘッドの新たな門出を祝おうではないか。



共通テーマ:自動車

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。